キリスト愛の福音教会ロゴ

キリスト愛の福音教会

Tel・Fax: 024-973-5638   
E-mail clgc@goo.jp

証し

神の近くで生きるしあわせ

1986 年3月30 日 受洗
水上 由美子

私は両方の目と耳の弱視難聴、股関節の形成不全という体で生まれてきました。 岩手の盲学校で小学から高校までの12 年間を過ごし、郡山女子短大に進学しま した。見えにくさを抱えながらも他の学生と同じカリキュラムをこなそうと頑張 ってみたのですが、自分がとても無力に思えて生きる気力も失いかけていました。 そんな私に聖書の言葉とイエス・キリストを紹介してくれる人に出会いました。 「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところにきなさい。私 があなたがたを休ませてあげます。」(新約聖書・マタイ福音書11:28) 私も心の重荷を下ろしてイエス・キリストを信じて生きたいと願いその場で信 仰告白をしました。 短大卒業後5年間は郡山を離れましたが、1992 年に夫と共に郡山に戻ってきま した。私は開拓が始まったばかりのキリスト愛の福音教会を手伝うようになりま した。しばらく私はうつ状態になり教会で働くのが大変になった時、神様が坪井 永人牧師に「私は水上由美子を祈りの専従者として使う」と示されました。それ からも教会に行くのがやっとという生活が続きましたが、周りのみなさんは必要 以上に私の世話をやかずに見守っていてくださいました。体も心も動かないけれ ど神様の愛に包まれて過ごす時間だけはたっぷりありました。自分の人生をゆっ くり思い返しました。自分なりに頑張って生きてきたつもりでしたが、じつは的 外れな頑張り方だったのかも知れません。「イエス様、これからは的外れな生き 方をしないように、あなたが私の人生の主権者となってください」と祈りました。 イエス様がいつも一緒にいてくださるので、祈って知恵をいただいて安心して 行動できるようになりました。 キリスト愛の福音教会の開拓時代から関わり、現在はスタッフとして毎日教会 でご奉仕させていただいています。 毎日がハレルヤ!です。

「しかし、私にとっては神の近くにいることが幸せなのです。」(旧約聖書・詩篇73:28)