キリスト愛の福音教会ロゴ

キリスト愛の福音教会

Tel・Fax: 024-973-5638   
E-mail clgc@goo.jp

証し

証し

1991年7月4日 受洗
渡辺 有史

子供の頃から精神的な弱さを持っていました。高校2年生の時阪神大震災が起 こってしまったことをきっかけに色々とショックを受け、学校を休んでしまいま した。

それまでは1日休むことなく学校に通っていました。しかし一度休んでしまっ たことによりまた学校に行くタイミングがつかめなくなりしばらく休んでしま いました。

そんな中、西宮にボランティア活動を従兄弟としました。勇気を持って学校に また行って、なんとか3年生に進級したのですが、もう前のように学校に行く気 力が無くなり、その時すでにもう精神的な病気を抱えていたと思います。病院に 行かなかった為病名はつかなかったのですが・・・。

3年の夏に学校を正式に退学し、少し何もしない時期を過ごしました。その後、 親の勧めで遠い親戚の経営しているコンビニで働きました。少しずつリハビリの ように過ごし、次の年度から高卒の資格の要らない専門学校に新聞奨学生として 通うため自動車運転免許を取得し東京で専門学生となりました。 アウトドア・スポーツ科に所属し、朝刊を配達し学校に通い帰ると夕刊を配る という生活をしました。その中で楽しかったのはCCC(キャンパス・クルセード・ フォー・クライスト)の活動、また日曜に教会での友人との交わりの時、しかし 新聞配達と学校との両立等自分には重荷でした。充実し、楽しい部分もありまし たが、元々精神的に弱く、あと数カ月で卒業という2年生の正月を迎えた頃精神 的な病気にかかってしまい、実家に戻され即入院しました。

約3カ月で退院した後しばらく療養し駐車場の管理のバイトや、コンビニのバ イトをあわせて6年ぐらいした後、コンビニの閉店を機に正社員を目指し訪問入 浴の仕事に着きました。しかし、なれない運転や利用者さんとのコミュニケーシ ョン、また状態を観察し引き継ぎの為の報告などの文章を書くこと、その他なれ なく大変な仕事、極度のストレス等による言語障害により仕事を辞める事となり ました。

その後教会で働くことになり、しばらくたった時、牧師の勧めで基金訓練によ るパソコン関連の勉強を9カ月学ぶ事が出来ました。そこでの学びの時を過ごし、 人とのコミュニケーションやプレゼンなどにより言語障害も徐々に回復、またそ の学びを活かすため教会でHP やDM やニュースレターのデザイン、全て手探りで 自分の能力以上のことですが少しずつ技術が向上し、今の教会での働きに役立て ることが出来ました。

そして最近はビリー・グラハム伝道協会による「クリスチャンの生活と証しコ ース」のインストラクターとして立つことが出来ました。不思議な神様の導きで 言語障害や元々人前で話す事が出来ない自分にとっては、奇跡としか言いようの 出来ないことを務めること、満足な出来では無かったけどそこに立ったことによ る恵みを受けることが出来ました。

今までのことで体感したこと、神様は最善の方、自分には無理だと思うことで も神様によれば無理な事は何1つも無いということ。 まだまだ信仰の足りないこと、あいまいなことたくさんあるけど神様に仕える ため、生かされる限り生きていきたいと思います。