キリスト愛の福音教会ロゴ

キリスト愛の福音教会

Tel・Fax: 024-973-5638   
E-mail clgc@goo.jp

証し

☆天のパパ様イエス様に救われて聖霊さまに満たされて☆

(と願い続ける今これからも永遠に★)
2013 年12 月29 日 受洗
野呂 華子

そもそもが、この世で産まれ生きていくプランが神様の御計画であり、もちろん最終ステージがある。そのなかを私は気付かずに生きてきた。ここで証はしないが、大きな声では言えないような生き方もしてきた。だが、私が生きてきた中で私を変えるきっかけを授けられたのが【2002年6 月10 日午後11:12】だ。おそらくこれが「きっかけ」なのだろうと。この日のこの時間に、私から「命」が産まれた。私の全てと言っても過言ではない、愛する息子の誕生。(当時の感情)本当に長くの10 ヶ月間の入院生活、互いに精一杯に頑張ってこの「命」と出会えた。(帝王切開だけど)ここからの私は、本当に変わったと思う。人格やらなんやら・・・と、いろんな事が劇的に変わった。もちろん良いことも・嬉しいことも・辛いことも沢山経験してきた。でもそれらは全てこの「命」に出会ったことからの財産となった。決して順風満帆な年月ではなかった。紆余曲折ながらも「ハッピーへの道」を息子と共にゆっくりながらも歩んできたと思っていた。2013年、ついに大本命が来た!仏教など巡りに廻り、ようやっと辿り着いた。それこそがイエス様との出逢いだった。この時期・タイミングすらも全て天のパパ様のプランニングだったのだと思う。迷い苦しみ、経験してきたすべてがこの 日を迎えるまでに必要な事と与えられていたのだと確信する。初めてここ、「キリスト愛の福音教会」へ私の足が一歩と進み、そして自然な流れで礼拝参加をして。涙が溢れるミラクルを体験した。 洗礼を望むに何も考えることもなかった。本当に「自然」だった。私が心からイエス様を信じ感謝したのがこの一節。(Footprintsの詩から)

~砂の上にふたりのあしあとが残されていた~主は、ささやかれた。

『わたしの大切な子よ。わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。ましてや、苦しみや試みの時に。あしあとがひとつだった時、わたしはあなたを背負って歩いていた。』

あぁ、そうだったんだ・・・なんてあたたかい。なんてことだ!!ハレルヤ!!と。最高に幸せなことに、2013 年12月29 日に私たちは親子で生まれ変わった。そして沢山の奇跡と導きをいただいている。沢山の幸せと恵み・・・。人生、やっぱり笑いが止まらない♪♪永光先生・しょこさんはじめ教会の家族と出会えた奇跡。ハレルヤ!!沢山の感謝。クリスチャン・ライフは素晴らしい!!まだまだ、沢山のミラクルとイエス様のパネェ!!さを語りたいところですが、足りない・・足りない!!なのでそれはまた。永遠ですので♪最後に・・・。天の国におられるしょこさんママ。この世では逢えなかったけど感謝しています。

心からの感謝。 心からの賛美。 心から十字架を仰ぎ、そして。 心からあなたを崇めます。

主に栄光を!! アーメン!!ハレルヤ~☆ 主は私たちの全てです。 アガパォ~☆★